Days with melodies


本とピアノと毎日のこと。クラシック音楽とイギリスのこと。"Life is like a piano... what you get out of it depends on how you play it.”
by sanjyo-kappa
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Au Piano avec Gabriel Faure

Marugurite Longというフランス人ピアニストの書いた本。

e0152936_8462763.jpg


今回の論文のコアの一部になる本です。
ラヴェルとドビュッシー、アルベニスなどにも好かれたピアニスト。フォーレのお気に入りのひとでもありました。
ラヴェルのピアノ協奏曲は、彼女に捧げられています。
フォーレのバラードも。

Gabriel Faure / Nocturn No.6 in Db major, Op.63
ガブリエル・フォーレ/ ノクターン(夜想曲) 第6番 変ニ長調 作品63



モヒンダーに教えてもらうまでは、彼女の存在など知らなかったのですが、すごく良い本でした。
論文のためじゃなくても、読んでよかったと思えるというか、
むしろ途中から、完全に読み物として読んでいたというか……。

その中でもすごく印象的だったのが、ここ。

To play a piece of music is to recreate it.
Music - Art in movement - is a construction in the spirit of the time
which writing down crystallises and which playing animates.
However perfectly music may be written,
however scrupulously the composer has indicated his intensions,
the work remains a dead letter without someone to play it.
Our role is heavy with responsibility.






(演奏をするということは、再創造するということ。動作の芸術である音楽は、精神と時間が構築するものであり、作曲で結晶化されたものが、演奏によって躍動する。どれだけ楽譜が完璧に書かれていても、どれだけ作曲家の意図が綿密に指示されていても、演奏家なくしては、何の意味もなさない。だからこそ、演奏家の持つ責任は重大である)

そうか、音楽ってのはArt in movementなんだわ!なんて感動したりして。

「完璧」な演奏というのを、最近、よく考える。
ミスのないのが完璧?一人一人によって解釈が変わるのであれば、誰にとっての完璧?
少しでも解釈が自分の思っていたのと違っていたら、それは間違い?
ミスがなくて、尚かつ美しくて、しかも技術的にも芸術的にも優れているのが、いわゆる「完璧」なのだろうけれど、
それって本当に「完璧」なのかしら……とか。


そろそろ、論文のタイトルを決めないといけないなあ……。
[PR]
by sanjyo-kappa | 2009-04-26 09:12 | piano

Martinu

来週の頭に、とあるコンクール用にピアノソロを録音しなくてはいけなくて、
それのために今、

Frescobaldi/Respighi Prelude and Fugue in G minor
Schubert Impromptu No.2 in Ab major, D 946
Franck Martin from 8 Preludes, VIII Vivace

を練習しているわけですが。

シューベルトが、実はぴっかぴかの習いたて曲なので、ちょっと苦戦中。
3時間半のレッスンを受けた次の日に、恋人に通し弾きを聴いてもらったのですが、
シューベルトはけちょんけちょんに言われました。
遠慮されて、優しい物言いだったので、余計にぐさっと……。
「もっと綺麗に弾けるよね?」とか言われた。うう……。



作曲されたのが1828年と、シューベルト後期の作品だからか、
心臓をえぐられるような悲しいところがあったりして。
良い曲です。そして、ブレンデルはさすがですねえ。

月曜日の朝一でレコーディングなので、もうちょっと悪足掻きをしますです。

そして、あと2週間ちょっとで弾かなくちゃいけない新しい曲。

Martinu Variation on Slovakian Theme for Cello and Piano



いけるかなー。ぎりぎりだなー。
でもまあ、こうやって需要があるのはピアニスト冥利に尽きるので、練習しましょう。
[PR]
by sanjyo-kappa | 2009-04-25 05:54 | piano

同一人物ですよ……

昨日の続き。



が、ピアノを弾いているところ。



それが、お年を召されると……



が、ピアノを弾いているところ。



同一人物ですよ?
[PR]
by sanjyo-kappa | 2009-04-23 07:12 | music

モヒンダーふたたび

前回、何の予備リサーチもなしに、散々な受け答えをしたため、
「だめだ、このこ」とのレッテルを貼られたであろうモヒンダーミーティング。
第二回目でした。

今回は、一応、ポイントの整理とかもしたし、文献も一定量は読んでいたので
そこまで恥はかかないで済みましたし、
前回の教訓から、モヒンダーに近付きすぎないように(何故って、彼に見とれてしまうからさ!)座り、
とりあえずの方向性の確認と、少しのアドバイスをいただきました。

モヒンダーは良いひとだなあ。
そして、仕事の出来るひとだなあ。素敵。

それに引き替え、もうひとりのレクチャラーからは数日経ってもメールの返信がありません。
仕事する気あるのかしらん。論文だぞ。

最近良く聴いているCDの一部。



あんまりにも素晴らしい演奏なので、恋人に無理矢理聴かせたときの会話。
「これ、誰が弾いているの?」
「グレン・グールドだよ」
「……」
「……」
「え?弦は?」
「え?えっとね、わかんない」
「これだからピアニストは……」

ちょっと悔しかったのと、割とピアニストが陥り易いことでもあったのが恥ずかしかったので、
(基本的に、ピアニストはピアノにしか興味を示さないとのレッテルを貼られることが多々あったり。
しかも、それが当てはまるひとがいちゃったりして)
あとで調べたところ、Julliard String Quartetでした。

ほんと、どうでも良いことですが、グレン・グールドは格好良いと思う。変人だけども。





かわいい……。
[PR]
by sanjyo-kappa | 2009-04-22 03:24 | music

Steve Reich - Tripple Quartet

先週末、うちの大学でInternational String Quartet Festivalなるものが催されていまして。

String Quartet、弦楽四重奏は、ヴァイオリン×2、ヴィオラ×1、チェロ×1で編成されている室内楽形態のひとつ。
「Art of String Quartet」なんて専門書が出るくらい、それはそれは奥の深いものなのです。

私個人的には、そこまで詳しいわけではないのですが、名だたるひとたちが来ていたらしい。

Brodowski Quartet
Endellion Quartet
Elysian Quartet
Badke Quartet
Allegri Quartet
Carducci Quartet
Wihan Quartet
Vardanyan Quartet
Smith Quartet

が参加されてました。
(みんなちゃんとHPがあることにちょっとびっくり。そして、各カルテットによって趣が違うのが楽しい)
(余談ですが、Carducci QuartetとEndellion Quartetのコンサートがめちゃくちゃ良かったらしい。噂によると)

うちの大学生はフリーで入れたのですが、結局、色々あって最終日だけ行ってきました。
その日は、Chetham Scoolという北イングランドにある音楽学校の子供たちもやってくる日。

初っぱなが、13歳の男の子がファーストをしているハイドンカルテットだったんですが、上手かった……!
もちろん、13歳だから、荒削りなところもあるのだけれども、
すごーく楽しんで弾いているのがありありとしていて、しかも、時々はっとするような音が出て。
WebernとLutoslawskiと20世紀ものを挟んで(どっちもあんまり好きになれなかった)、
Steven ReichのTripple Quartetです。

Steven Reichと言えば(日本語明記だとスティーヴ・ライヒだったかな)、Minimalismです。
例。



で、このTipple Quartetでは、文字通り、カルテット×3という……。
中々面白い曲ではあったんですが、演奏された場所が狭すぎたことから、
何だか煩いような印象を与えてしまったのが、残念。
12人全員がヘッドフォンをして、クリックを聞きながら(リズムの正確さが大事なので)演奏していたんですが、
両方の耳にすると自分の音が聞こえなくなるので、片方だけつけるんですね。
これに、友達のカルテットが参加していて、そのこのヘッドフォン、どうやら故障していたらしく、
右耳からは何も聞こえなかったらしいのです。
でも、だからといって左耳にヘッドフォンをつけると、次は自分のヴァイオリンの音が聞こえない……。
それでも、一旦演奏が始まってしまえば、何が何でも最後まで行かなければいけないので、
どうやらそのまま無理矢理演奏したらしいです。

こういう面白い演奏方式って、やっぱり需要がないのかしら。Entertainingなのに。
You Tubeでいっこだけありました。もう一回、広いホールで聴きたいなあ。


[PR]
by sanjyo-kappa | 2009-04-21 00:03 | music

ウメザクラ?

ここ数日、雨が降ったりしてお天気の悪かったロンドンですが。
今週末はあったかくて、お天気も良いみたい。

絶好のお散歩日和です。

e0152936_2056312.jpg


公園の木々もこんなに緑になって……!
日本にいてた頃は、春が来るのはそこまで嬉しくなかったんですが、
イギリスに来てからは、春が来るのが本気で嬉しい。
まあ、逆に言えば、それだけ冬が長くて非道い、ということですけども。

見上げれば、葉っぱから透ける透明な太陽光。

e0152936_20581610.jpg


太陽の光も、月の光も、ずっと銀色に近いというか、白っぽい気がします。日本と比べてね。
緯度とかのせいかしらん。

てくてく歩いていって見つけた、この樹。

e0152936_2115458.jpg


…………ん?
何かおかしい……。

e0152936_2124729.jpg


一本の木から、二種類のお花が咲いているんですねー。不思議。何故だ。
梅っぽい色と、桜っぽい色と。一石二鳥のつもりなんだろうか。
しかも、このタイプの木、うちの近所だけで2本、見つけました。
どっちも教会にあるんですよね。何?宗教的なものなのか……?

ここ数日、迫り来る論文の重圧に耐えきれず、無意味に落ち込んだりしていたのです。
ワインを恋人と空けていたときに、思わず「もっと頭が良くなりたい」とぼやいたら、
真夜中過ぎだというのに、「More intelligence for what?
I don't think an intelligence is about how fast you can read stuff or
how well and quickly you can do the tasks,
but it's about how deeply you can think of the topics.
In writing essays, ultimately you would like to come up with your own individual and original ideas,
not someone else's used ideas that you comouflaged with flourishing words
so that it looks like it's got a meaning to it when it really means nothing」 
とお説教?レクチャー?が始まり、
最終的には、「You are strong enough to face things that you know you need to work on...
so start your essays now」と叱咤激励されました。

熱いよ……。びっくりしたよ……。
[PR]
by sanjyo-kappa | 2009-04-18 21:13 | daily life

Vienna Piano Trio Recital

Vienna Piano Trioのコンサートに行ってきました。

大学では、室内楽のコンサートを聴いたりすることはあるものの、
よく考えれば、お金を払って、プロのピアノトリオの演奏を聴いていないかも……。と思いまして。

やることはまあまああるのですが、まだ大学が始まっていないのを利用して、
Wigmore Hallに。
Bond Streetから近いこのホール、創立されたのは1901年と、意外と若いのですが。
プレミアのコンサートは、ブゾーニとイザイがやったらしい。すげえな。

ちょっとでもクラシックをかじったことのあるひとなら「おお!」となる人たちが、
このホールに名を連ねていますですよ。
「1937年、アルフレッド・コルトー ドビュッシーリサイタル」のチラシとか、
ルービンシュタインの写真とか、ドュ・プレの写真とかが、無造作に壁にかかっています。
これを見て回るだけでも楽しい。

さて、肝心のプログラムは、

Ludwig van Beethoven
Piano Trio No 5 in D, 'Ghost', Op 70 No 1

Johann Hummel
Piano Trio in E flat, Op 93

György Kurtág
Piano Trio

Felix Mendelssohn
Piano Trio No 2 in C minor, Op 66

でした。

個人的には、数分程度のKurtagが一番良かった気が。
Hummelのあとに、グランドピアノが移動され、ステージに現れたのはアップライトのピアノ。



こんなシチュエーションは初めてだったので、思わず、一緒にいたチェリストとふたりで
「え?アップライトで弾くの?何で?音の質を変えるために?」とひそひそ。

ちなみに、いつものピアノトリオはこんな感じ↓



どうやら、弦にもPractice Muteが付いていたようで、アップライトの細い音に良く合ってました。
かっこよかった……意外。

「一度のコンサートで練習10回分のものが学べる」と言う通り、
色々と考えさせられるコンサートでした。
もっとコンサートには行くべきだよな……。
[PR]
by sanjyo-kappa | 2009-04-16 05:05 | music

Happy Easter!

とか言って、キリスト教徒ではありませんが。

Easter、つまり、復活祭です。
寄宿学校時代は、この頃に、各寮で行われるEaster Egg Huntingが楽しみでした。
寮母さんと、House Mistressと呼ばれる先生、それからHouse Girlと呼ばれる先輩が、
寮の至る所に、小さな卵形のチョコレートを隠しておくんです。
それを、Common Roomで待機していた女の子たちが一斉に探しに行くという。
ちなみに、一番数多く見つけたひとは、ダチョウの卵くらいの大きさのチョコレートがもらえます。

Easter Egg Huntingはしませんでしたが、チョコレートはもらいました。

e0152936_23484714.jpg


あまりの美味しさに、もう大分食べてしまって数が減ってしまいましたが……。

6色入っているこのチョコレートたち。色によって味が違います。
ダークチョコレートコーティングの中身は、マダガスカルガナッシュ、
ミルクチョコレートコーティングの中身は、きなこガナッシュ、
ブルーはトンカガナッシュ(さっと調べたら、トンカは香水にも使われるらしい。何……?)、
グリーンはミントガナッシュ、
オレンジはゆずガナッシュ、
ホワイトは抹茶ガナッシュ。

「女の子なのに?」と驚かれたりもしますが、実はチョコレートってあんまり好きじゃない……。
いや、決して嫌いではないのですが、チョコレートケーキとショートケーキだったら、
迷わずショートケーキを選ぶタイプです。

しかし、ここのチョコレートは別格です!
めっちゃくっちゃ美味しいです。

これをくれたひとが、前にチョコレートをくれたときに、
時間がなかったらしく、そこらへんのスーパーで売っているチョコレートをくれたのですが。
今回、「本物だから」とこれをいただき、なるほど、と納得です。

Artisan du Chocolatというところのチョコレート。
どうやら、日本では期間限定でしか発売しないみたいです。
しかも、バレンタインとホワイトデーあたりだけ。何て分かり易い商業プランなのか。
でも、どれもこれも、出しゃばらない、繊細な味なので、機会があればぜひ!お試しあれ。

ロンドンに来られる方は、こちらへ。
デパートのSelfridgeにもお店はあるみたいですが、ここは本店を訪れるべきですよ!
時が止まったかのように上品な空間に、ほんのりと薫るチョコレート。
これを贅沢と言わずして何とする!

住所です。

89 Lower Sloane Street,
Lonodon, SW1 W8DA
TEL +44 (0)20 7824 8365

最寄り駅は、Sloan Square。地下鉄は、District LineとCircle Lineが通っています。
[PR]
by sanjyo-kappa | 2009-04-13 00:10 | daily life

間宮兄弟

邦画づいています。何故か。
江國香織原作の間宮兄弟。



英語字幕がついていたので、イギリス人兄弟と一緒に鑑賞。

お兄ちゃんが、佐々木蔵之介(さま)。弟が、塚地武雅。
この兄弟に絡んでくる女性陣が、常盤貴子、沢尻エリカ、北川景子、戸田菜穂。
間宮兄弟の母親に、中島みゆき。
ある意味、この映画の中で一番美味しい脇役に、高嶋政宏。

e0152936_145667.jpg



おおまかなストーリーとしては、30越えても彼女のひとりもおらず、
兄弟仲良く一緒に住んで、完全インドアの趣味に明け暮れている間宮兄弟が、
ちょっと女性に興味でも持ってみるか、恋ってなにさ?という……(違ったりするかも)。

沢尻エリカの小顔っぷりはすごいんですが、役としては完全に、妹役の北川景子に持っていかれてしまっている感が。
今まで、北川景子って、ちょっと下品な顔だなあと思って敬遠していたんですが、
この役は案外、良かったかもしれない。数カ所、不自然な演技はありましたが。
常盤貴子は、さすがの演技力です。
このひと、基本的に同じ演技の型なのに、きちんと演じ分けているから、思っていたよりもすごいのかもしれない。

悪役・脇役大好きな私としては、中島みゆき扮する間宮ママと、
佐々木蔵之介の上司である大垣役の高嶋政宏が……ツボでした。

この手のタイプの、ほのぼのコメディは海外には受けないかと思っていたのですが、
イギリス人兄弟には受けていたみたいです。
彼らは、弟役の塚地と、北川景子の彼氏役だったエキセントリックな男の子がお気に入りだった模様。

ヨーロッパ映画と邦画って、似たようなところがあると思うのですが、いかがでしょう?
[PR]
by sanjyo-kappa | 2009-04-12 01:42 | films

しあわせのかおり

しあわせのかおり
英題はFlavour of Happinessだそうです。

中谷美紀さま主演の映画。



ひょんなことから料理人を目指すことになったシングルマザーのヒロイン貴子と
寡黙な中華料理人、王さんとの心の交流を描いた、邦画っぽい邦画です。

年々、中谷美紀は美しくなっていくなあ……。
女優!という感じで素晴らしい。
お箸の持ち方、少し大きく口を開けてごはんを食べる姿さえ、壮絶な美しさです。

貴子にちょっと恋心を抱く、農家の跡取り役に田中圭。
彼がね、またね、かわいいんですよね。一番左端のこです。
中谷美紀の美脚っぷりに目が奪われます。



王さんの恩人役として、八千草薫が出ているのですが、彼女のエレガントさも素晴らしい。
ああいうのって、年齢から出てくるものなのでしょうか。
それとも、生まれつき?それとも、生まれた年代のせい??

空気感が淡々としていて、ストーリーラインとしては、決して派手ではないのだけれど、
すごくすごく綺麗な映画でした。
久しぶりに、良い邦画を見られた気が。

お料理のシーンが臨場感たっぷり過ぎて、おなかがすいてしまうことうけあいです。
[PR]
by sanjyo-kappa | 2009-04-10 22:08 | films
カテゴリ
全体
music
piano
books
daily life
voice
book review
clothes
cats
jane marple
films
how do you do?
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Ensemble Gam..
from LA DOLCE VITA
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧