Days with melodies


本とピアノと毎日のこと。クラシック音楽とイギリスのこと。"Life is like a piano... what you get out of it depends on how you play it.”
by sanjyo-kappa
プロフィールを見る
画像一覧

<   2008年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

記憶辿れば 君は何処に

いわゆる「有名人」になってしまったお友達がひとり、います。
どんくらい有名かっていうと、世界中をツアーしちゃうような。ポール・スミスの顔になっちゃうような。

で、そのこが有名になってしまってからというものの、殆ど会えてはいないし、電話もしていないのですね。たまーにメールを送るくらい。そして、たまーにたまーに返事が来るくらい。「携帯に電話してよう!」と言われてはいるものの、たまーにたまーにたまーにかけても、いっつも繋がらないので、最近はかけてもいない。

なのに、夢を見るのです。しかも、定期的に。私は、夢の内容をよく覚えているタイプなのですが、それにしてはリアルというか。特に、そのこが「有名」になってしまって、今までのように会えなくなってしまってから、夢に出てくることが多い。一時、夢に出てくるそのこが、よく泣いていたので、もしかして落ち込んでいるのかしらなどと思っていたら、そのこから連絡がきたり。で、その時は、たまたま会って話す機会があったのですが、やっぱりひどく落ち込んでいて。夏に、そのこの夢を見た日は、そのこの誕生日でした。あとは、メールを送ったあとに、ひどく喜んでいるそのこの夢を見たり。予知夢?みたいな能力はないはずなんですけど……。

ただ、そのこは、自分にとっては特別なひとで。私の周りにいてくれる友達すべてを、気持ちの悪いくらいに愛している私ではありますが、そういうのだけではなくて。もちろん、恋愛感情でもなくて、ただの友愛でもなくて。こんな陳腐な言葉しか浮かばないのかと、己のボキャブラリーの少なさを嘆きたくはなるものの、「ソウルメイト」というのが、一番、しっくりくるのかもしれない。

そのこの夢をみたのが、もう3週間ほどまえ。「Don't you like me anymore?(嫌いになっちゃったの?)」などと言われて、必死に弁解を試みるものの、そのこはお仕事でどこかへ行ってしまう、という内容だったのですが。そのあと、こちらが忙殺されてしまっていて、まだメールをしていませんでした。そしたら、また出てきた。子犬のようにこっちにしがみついてきて、くすんくすんと泣き言を言う。「ごめんね、連絡しなくて」と言ったら、「It's alright, popcorn」と言われました。夢なのに、ハグをしたときの体温とか、首元の匂いとか、髪の感触とか。えらくリアルで……。

このこ、夢に出てくるたんびに、泣き言を言っているか、泣いているかのどっちかなんですが。やっぱり、お仕事、つらいのかしら。

メール、するべきかしら……。
[PR]
by sanjyo-kappa | 2008-11-30 21:32 | daily life

スコットランド エジンバラへ編

先日、24時間くらいしか滞在出来なかったスコットランドはエジンバラでの写真たち。

e0152936_9205779.gif


ロンドン、King's Cross駅(ハリポタで有名な、あそこ)から電車で4時間半の道のりです。距離的に、ものんすごく離れているはずなのに、これだけで済むのは、結構すごいかもしれない。電車がありえない理由で遅れる(運転士が遅刻しております、等)、目的地に達していないのにキャンセルになる、時間通りに運行しない、などで有名な先進国イギリスの交通事情。

この日は、びっくりなことに、定時の発車です。これだけで、すでにミラクルよ。

e0152936_9212372.jpg


ロンドンを離れて少したってから。珍しく晴れてます。

More
[PR]
by sanjyo-kappa | 2008-11-29 09:37 | daily life

マリーのお菓子組曲

e0152936_2119587.jpg


もう、名前からして、ものすんごくツボなのですが。あ、画像は、あくまで私個人のイメージですよ?

ふと、某mixiで見つけた、お菓子の組曲なる、音楽作品。ピアノ版の他にも色々あるらしいのですが、いかんせん、私はピアノしか弾けませんので。笑。楽譜を送っていただきました。ありがとうございます。

作品もそうですが、それに付随するお話も、ふわふわきらきらとしていて、とても素敵。しかも、お話中に出てくるお菓子も、レシピ付きで紹介されているのですよ。女の子なら、「ダイエット」とか色々忘れて、「きゃ~ん」と叫びたくなる可愛さにございます。ああ、ケーキ食べたい。

うちの大学で、International Student Concertとかいうコンサートシリーズがあるらしいので、ぜひ、そこで弾かせていただきたい。……と思ったら、次のコンサートの日にちを書いたメモが見当たりません。おっかしいなあ……。こういうのは、ちゃんと置いてあるはずなのだが。うーん、メールで大学に問い合わせてみないとだめかしらん。

マリーのお菓子組曲」、素敵なところです。ぜひ、訪ねてみてくださいませ。往年の長野まゆみなんかを彷彿とさせますな。Fairy Taleが、元々、甘いだけのお話でないのは、「本当のグリム童話」なんかで証明済みだとは思いますが、そういう何かがあるのも好きです。マリーちゃんの背後には、きっと何か蠢いているのですよ(完全妄想)。にこにこ。
[PR]
by sanjyo-kappa | 2008-11-27 21:27 | music

寝子から学ぶ、自己認識の術

スコットランドは寒かったです。良かった、ありったけの防寒具を持っていっていて……。

さて、次は、明日提出の論文に取りかからねば。そして、それさえ終われば、こっちのものだ!(何が?)と、いうわけで、更新までは、あともう少し。しばらく、お待ちくださいませ~~~。

Meanwhile、これでお茶の間をなごましてみよう。

今のおうちにいる、にゃんこのチェスターくん。8歳。今まで見たどのにゃんこよりも、でかく、大きく、太っていて、そして尚かつ重い、「おれさまって、かわいいだろう?」と言わんばかりのチェスターくん。おなかを見せてお座りをするところは、さながら寝起きのトトロのようですよ。

このチェスター、ひとの傍が大好きで、隙あらば人間に寄り添っていたいという甘えん坊なんですが。この間、大学の授業と練習の合間で、ベッドの上で休んでいたところ、「ぷぎゃあああああ」とクロノ・トリガーのラヴォス的鳴き声を上げて、チェスター入室。そして、2分後。

e0152936_21403576.jpg


「ほなら、ちょっと失礼させてもらいまっさ」

重いことは重いのだけれど、なんというか、ナチュラル湯たんぽのような重みと暖かさに、こちらもうつらうつら……。ぐるぐると喉を鳴らしつつ、「撫でて」と催促する彼を撫でていると、ついに。

e0152936_21434199.jpg


「あ、もうあかん。もう、あかんで。寝てまうで」

自分の魅力を理解して、尚かつそれを最大限に発揮し、欲しいもの(ごはんとか、お昼寝用の膝とか、マッサージとか)を手に入れるチェスター氏の生き方、少しは見習いたいと思います。
[PR]
by sanjyo-kappa | 2008-11-24 21:47 | cats

忙しいと可愛い服が恋しくなる

あまりの多忙さに、ついにテロに巻き込まれて死ぬという悪夢にうなされ、睡眠不足がたたって機嫌が悪くなり、そのせいで矢鱈めったらネガティブになり……と悪循環をたってくれるのは、可愛いお洋服。だって、女の子だもん(小鳩くるみ)。

ワタクシ、自他共に認める「テイストが定まらない」ひとなんですけど。会うたんびに、「あれ、そんな格好してたっけ?」とか、「そんな格好もするんだ」とか、もしくはもっとダイレクトに「へえ、そんなの着るんだね」とか言われるわけですけど。

ここ数年、一貫して大好きなお洋服。Jane Marpleさんのお洋服は、やっぱり別格なのですよ。Janeさんのお洋服は、可愛いんだけどどこかフォーマルで、クラシックなんだけど少女を忘れていないというか。とりあえず、いつも好き。そして、着ると、こちらの気持ちがしゃんとする。それって、大事なこと。

と、いうわけで、このスカートをネットで購入してしまいました。

e0152936_7301352.jpg


ああん、可愛い……!!!!!グレーの素材にふわっと広がるシルエット、そして鍵盤モチーフ!もちろん、日本にいないとお店に行けないので、正規では買えなかったこのモチーフ!たまらんです……うっとり。バイヤーさん?は日本の方なので、来月、日本に帰るまでおあずけですけどね。ああ、可愛い……。めろめろ。

そして、ここからはダーク日記になるので、興味のある方だけクリックお願いします。

More
[PR]
by sanjyo-kappa | 2008-11-22 07:35 | jane marple

コンクール、その後

先に、言い訳。今週末まで、怒濤の日々が続くのです……。小説の更新は、もうしばらくお待ちを。来週の火曜日に、論文の提出締め切りもあってね……。もうなんか、毎日ベッドに入るのが楽しみで仕方がないんだけど、次の日の朝が来るのが予想以上の速さっていう。毎朝、「うそ、寝てないよ、そんなに寝てない。10分くらいしか寝てないってば!」と思っています。


結果だけ言うと、本選での優勝はなりませんでした。一応、優勝したひとの演奏も聴いたし、他のひとの演奏も聴いたけれど、みんな似たようなレベルだったし、全員が全員、全然違う弾き方だったから、審査員の好みになっちゃうんだと思う。「コンクールは馬のものであって、音楽家のものではない」とはバルトークの言葉ですが。

まあ、出し尽くした感もあるし、やりきった感もあるので、文句はありませんです。精進あるのみ。

ここのところ、ベートーヴェンばっかり弾いていて、そうなると、どうしても違う曲や違う時代の曲なんかが聴きたくなって。というわけでやってきた、「このピアニストが聞きたいよ!」ブーム。今回は、彼。
ジュルジュ・シフラといいます。

e0152936_1502883.jpg



結構、格好良いと思うんですが、どうでしょう?だめ??

More
[PR]
by sanjyo-kappa | 2008-11-21 01:59 | piano

Prince Charles, Prince of Wales

いきなり、ばーん。

e0152936_7445571.jpg


Prince Charles, Prince of Wales。つまり、チャールズ皇太子が60歳になられましたよ。
というわけで、今のイギリスでは絶賛チャールズ祭りをこぞって行っているわけですよ。どのチャンネルつけても、チャールズだらけだからね。新聞の一面も、全紙チャールズだからね。カミラの陰も形もないからね。まだ、カミラは愛されてはいないよう。

More
[PR]
by sanjyo-kappa | 2008-11-17 08:04 | daily life

ピアニストみたいね

学内コンクールの予選でした。



あ、私じゃないですよ?これ(見ればわかる)

More
[PR]
by sanjyo-kappa | 2008-11-16 07:05 | piano

10年の意味

高校の頃、背は小さいんだけど、かわいくてかっこよくて、誰とでも仲良くできるタイプの男の子がいました。転校したばっかりのときに、偶然同じ科目の同じクラスで、まだ英語もろくすっぽ喋られない私に優しくしてくれて、「何と良いひとなのか!これがイギリス人か!ジェントルマンかっ!」と涙を流しました(一部、誇張あり)。

More
[PR]
by sanjyo-kappa | 2008-11-14 06:25 | daily life

誰も求めていない、今日のモヒンダーチェック

足元は、ぴっかぴかのブラウンウイングチップのレースアップシューズ。
靴下は、リブ編みの紺。
パンツは、くすんだオレンジ色のコーデュロイ。
シャツはラベンダーのギンガムチェック。
ネクタイは、紺ベースに芥子色のペイズリーちっくな柄。
ベストは芥子色。
そして、その上に、薄手ツィードのベージュのグレンチェックジャケット。

モヒンダーったら、おしゃれさん★



あ。今日見たら、「雨もしたたる~」のユニークアクセスが5万を超えていました。ありがたや!(号泣)
[PR]
by sanjyo-kappa | 2008-11-12 21:49 | daily life
カテゴリ
全体
music
piano
books
daily life
voice
book review
clothes
cats
jane marple
films
how do you do?
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Ensemble Gam..
from LA DOLCE VITA
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧