Days with melodies


本とピアノと毎日のこと。クラシック音楽とイギリスのこと。"Life is like a piano... what you get out of it depends on how you play it.”
by sanjyo-kappa
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:cats( 4 )

KUNIYOSHI

歌川国芳の作品展が、ロンドンのRoyal Academy of Artsで開催されています。

論文が終わった記念に、行って参りました。

めちゃくちゃ楽しかった。
久しぶりの美術館というのも、もちろん、あるだろうけれども。
浮世絵、ちゃんと見たのは初めてに近いのですが、すごーく楽しかったです。

個人的には、武将系が一番楽しかった。
夜叉姫が送ってきた髑髏と闘う源氏とか、初陣のときの真田昌幸とか、
土蜘蛛と闘う源頼光とか、五条大橋での弁慶と牛若丸とか!
……男の子の絵が好きなだけなのかも。

あとは、歌舞伎絵に、たくさん猫が出ていて、和みました。
どうやら、猫好きだったらしい、国芳さん。


こういうの!

猫好きに悪いひとはいませんね……。うふふ。

6月7日までなので、お早めに。

住所は、

Royal Academy of Arts
Burlington House
Piccadilly
London W1J 0BD

最寄り駅は、Piccadilly LineのPiccadilly CircusかJubilee Line/Victoria LineのGreen Parkです。

南総里見八犬伝が読みたくなりました。
[PR]
by sanjyo-kappa | 2009-05-27 05:36 | cats

似てる……よね?

終わりました……。
地獄の論文期間が……!
いやまだ、完全には終わっていないんですけども。
とりあえず、書く作業はこれで終わりです。

e0152936_8572561.jpg


さすがに疲れたよ、の背中。

結局、Performance Pracitceの論文タイトルは、

The Interpretation and Performance Practice of the Piano
through the composer’s interpretators of
The Piano Trio in D minor, op.120 by Gabriel Fauré

で、Applied Psychology in Music Performanceの論文タイトルは、

Importance of play through before performance for pianists
Case Studies of Performance Anxiety/Self-evaluation/Self-Criticism

になりました。

モヒンダーが担当している方がPerformance Practiceだったわけですが、
単純に彼に馬鹿だと思われたくない一心で(笑)、かなりの時間をこちらに割いたために、
音楽心理学の方は、ええと……4日でリサーチ+4500字という崖っぷち作業に。
先週末、ロンドンは超!良いお天気だったんですが、まったくお外に出られませんでした。
机の周りと、机周りの床に、円形状に資料論文を並べ、ぷちぷちタイプをする作業……。
金曜日でリサーチを済ませ、土日でとりあえず規定の文字数をクリアし、月曜日に恋人に英語添削を。

実は、前回の論文でも英語のチェックをしてもらったのですが、
どうやら、ひとの論文を読んでいる間に、しばらく使っていなかった論文脳が活性化されたらしく、
3時間にわたる添削作業の最後の方は、
「ここのパラグラフとここのパラグラフの繋がり方がおかしい!」
とか
「この文とこの文では、元となるアイデアが違いすぎる!」
とか、何だかどんどんヒートアップしてしまい。
「オックスフォードを思い出す」とにこにこしておられました(わざと敬語)。

さて、今回の論文、ぶっちゃけて言うと、どうせ添削してもらえるからそこまで気にしなくていいや、
と割と甘い考えで書いたわけですよ。
だって。時間もないし。書けば書くほど、文法が訳わからなくなってくるし。
そしたら、非道い間違いのオンパレードでした。……がくり。

SufficiencyとEfficiency。発音は似ていますが、意味がまったく違う。
これは、後で自分でも気付いたので、とりあえず、セーフ。

DesruptionとDestructionとDistraction。
もちろん、使いたかったのは、Distractionなんですが。
Distractionが注意散漫とか上の空、という意味なのに対して、
DesruptionとDestructionは、破壊行為という意味。
Unlike practice, musical performance can be full of distractions
(練習と違って、音楽演奏では気を散らされることに見舞われる可能性がある)
Unlike practice, musical performance can be full of destructions.
(練習と違って、音楽演奏では破壊行為に見舞われる可能性がある)
ものすごい笑われた……。
だって。発音が似てるんだもん!

そして、思い切りのスペル間違いで、言い訳も出来なかったのが、SummeryとSummary。
このふたつ、発音は完全に一緒なんですよ!
でも、意味が似ているどころか……。
夏っぽい と 要約 ですからね。
なまじスペルが合っていたがために、ワードのスペルチェックも教えてくれず、
大まじめに、「夏っぽさ:Getting the most out of practice by “performing”」とか書いて、
大笑いされました……。
だって。だって……。

ああ、恥ずかしい。
中学のときにちゃんと英語を勉強しなかったつけが、こんなところでくるなんて。
勉強というのは、真面目にちゃんと、こつこつやるべきものなんですね(今更)。


e0152936_984394.jpg



「まあ、そう落ち込むなよ。なんなら撫でるか?撫でたいか?」

チェスターくんの人生は、恥とは無縁っぽい。
[PR]
by sanjyo-kappa | 2009-05-26 09:15 | cats

いかん、可愛すぎる

書きたいことはたくさんあったのですが、いや、あるのですが、
これだけは書かねばならない!ということが起きましたので。

前回、ラヴォスの鳴き声の持ち主として名乗りを上げて頂きました、チェスターくん。

少し前に買った目覚まし時計(LEDで異様にでかい文字で時間が光る)の設定を、
うっかりPMにしてしまったがために、寝坊しました。
そして、そんな危機を救ってくれたのが、かのひとでございます。
朝、おうちのひとたちがばたばたと忙しくしていると、かまってくれそうなひとを探しに出かけるチェスターくん。
私の寝室のドアが閉まっているのを見て、「しめしめ、こいつまだ寝てやがんぜ」とでも思ったのか、
まだ眠っていたところ、耳に聞こえてくる、例の鳴き声。

ぷるぎゃああああああああ
ぷるぎゃああああああああ

彼が鳴いてくれてなかったら、起きなかったかも。そしたら、リハーサルに遅刻してたかも!
だから許すよ、ドアの真!外でぎゃおぎゃお言っていたのも!何かのサイレンだと思ったのも!

リハーサル後、くたくたになって、お昼を作りにおうちに戻ってきて、部屋へ。
するとそこには、

e0152936_843812.jpg


ベッドの上に畳んでおいた毛布とお布団の間に挟まって眠りこける、チェスター氏!
悶絶する可愛さです!新妻が裸エプロンで待っているよりも、我慢が出来ない!(例えが悪い)

まるまった手が何とも言えません!殺人的可愛さ!

e0152936_8451270.jpg


もういっちょ、別アングルから!くう、たまらんっ。

e0152936_849546.jpg


何でそんなに可愛いの?
7㎏もあるデブネコのくせに、最近は外が寒すぎるからってずっと家で寝ているだけのくせに、
何年経っても、自分のごはん保管場所が変わったことに気付かないくせに、
食い意地はってて、おうちのひと全員からつっこまれてるくせに、
「Oh Chester, you are beautiful with a very stupid brain!」とか言われてくせに、
何でそんなに可愛いのかっ!

あったかくて、ふわふわのもふもふの生き物が傍にいてくれる生活って、
ストレスレベルが激減するよな……。
今週、実は苦しいことだらけなのですが、頑張ります。
[PR]
by sanjyo-kappa | 2009-01-20 08:49 | cats

寝子から学ぶ、自己認識の術

スコットランドは寒かったです。良かった、ありったけの防寒具を持っていっていて……。

さて、次は、明日提出の論文に取りかからねば。そして、それさえ終われば、こっちのものだ!(何が?)と、いうわけで、更新までは、あともう少し。しばらく、お待ちくださいませ~~~。

Meanwhile、これでお茶の間をなごましてみよう。

今のおうちにいる、にゃんこのチェスターくん。8歳。今まで見たどのにゃんこよりも、でかく、大きく、太っていて、そして尚かつ重い、「おれさまって、かわいいだろう?」と言わんばかりのチェスターくん。おなかを見せてお座りをするところは、さながら寝起きのトトロのようですよ。

このチェスター、ひとの傍が大好きで、隙あらば人間に寄り添っていたいという甘えん坊なんですが。この間、大学の授業と練習の合間で、ベッドの上で休んでいたところ、「ぷぎゃあああああ」とクロノ・トリガーのラヴォス的鳴き声を上げて、チェスター入室。そして、2分後。

e0152936_21403576.jpg


「ほなら、ちょっと失礼させてもらいまっさ」

重いことは重いのだけれど、なんというか、ナチュラル湯たんぽのような重みと暖かさに、こちらもうつらうつら……。ぐるぐると喉を鳴らしつつ、「撫でて」と催促する彼を撫でていると、ついに。

e0152936_21434199.jpg


「あ、もうあかん。もう、あかんで。寝てまうで」

自分の魅力を理解して、尚かつそれを最大限に発揮し、欲しいもの(ごはんとか、お昼寝用の膝とか、マッサージとか)を手に入れるチェスター氏の生き方、少しは見習いたいと思います。
[PR]
by sanjyo-kappa | 2008-11-24 21:47 | cats
カテゴリ
全体
music
piano
books
daily life
voice
book review
clothes
cats
jane marple
films
how do you do?
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Ensemble Gam..
from LA DOLCE VITA
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧